閉店

今朝、よく行く中華料理屋さんの前を通ったら、3月27日で閉店したことを知らせる貼り紙が出ていた。
その店にはこの街に住み始めてすぐぐらいから時々行っていて、今月も21日に行ったばかりで、その時は全然そんなそぶりもなかったので、とにかく驚いた。
後で調べたら、その店にはFacebookのページがあり、時々情報発信していたようで、閉店のことも数日前には告知をしていた様子。
近所のお店だし、いつも直接行くだけだったから、Webでその店のことを調べようと思ったことはなかった。
もっと早く知っていればなぁと、ちょっと後悔。
お気に入りのお店がなくなるのは寂しいけど、たぶん事情があってのことだと思うので仕方がないと思う。
仕方がないけど、心にぽっかり穴が空いたような気分。


桜 2019

今年の桜。
東京では3月下旬には開花した。

最初は近所に1本だけある桜の木。
いつもここの桜が咲き始めると自分的には開花宣言かなと思っている。
画像


芝公園の桜。
今の職場では昼食を取れる場所があまりなくて、晴れている時は外に出るようにしている。
画像


田町駅付近の桜。
昼食場所を求めてたどり着いた公園で撮影。
画像


なんとなく桜の開花が特別待ち遠しいのは、桜が咲くと本格的に春が来たように感じるというのもある。
葉が出るよりも先にまず花が咲くっていうのもいいと思うし。

最近の車事情

今週、カーナビを新調した。
今まで使っていたカーナビは7年前に購入したもので、地図の更新期限がだいぶ前に過ぎていたから、新しい道ができても反映されることがない。
それでも普段使う分にはそれほど困っていなかったのでそのままにしていた。
昨年、ずっと建設中だった外環道の新区間がようやく開通し、実家に行くのが便利になった。
便利になったが、うちのカーナビは外環道の開通を知ることはなく、外環道を使うたびにやや混乱している様子。
長年つきあってきたカーナビなので名残惜しくはあるが、この機会に新調したという次第。
それにしても、カーナビの地図更新権限って3回程度しかないのね。
お高いものなのになぁと思うし、そういうわけだからなかなか新調する気にならない。
まあ、そんなこんなで昨日ディーラーで支払いを済ませ、買い物して帰宅した。

せっかくカーナビ新調したし、今日は遠出しようと駐車場に行くと、夫が困った顔していた。
指差す先を見たら、タイヤがパンクしていた。よく見ると、ネジが刺さっていた。

JAFに来てもらい、とりあえずスペアタイヤに交換してもらった。
JAFの方によると、年度末は工事も多いためかこういう異物を踏んでタイヤパンクという事案は多いそうだ。
その足でまたディーラーへ向かい、タイヤ交換へ。2日連続でディーラーへ行くことになるとは。
そこで、タイヤの応急補修スプレーを勧められた。
スプレーにはタイヤ補修剤が圧縮されているそうで、パンクしたタイヤの空気孔からスプレーを注入することで中からタイヤを応急的に補修するのだそうだ。
今日みたいな時にJAFを呼ばずに直接ディーラーに来れますよ、というのが売りでもあるようだが、そもそも最近の車にはスペアタイヤが積まれていないそうで、このスプレーを使うしかないということのようだ。

結婚後自分の車を持たなくなったこともあり、私自身は長らく車のことはすべて夫任せであった。
そういうわけで、今時の車にスペアタイヤが無いことすら知らなかった。
車に限らずだけど、世の中は気づかぬ間に少しずつ変化してるんだなぁと実感した一日だった。

点鼻薬

昨年、私にスギ花粉のアレルギーがあるという診断がくだった。
それから初めて花粉の季節を迎えたが、例年のように目のかゆみやくしゃみ、のどのかゆみが出てきた。
毎年3月頃は多かれ少なかれこのような症状があった。
初めてこれらの症状を自覚したのは学生時代だったような気がする。ただ病院に行かなかったから花粉症という診断が下らなかっただけとも言える。
そんなわけで、今月に入ったあたりから喉が痒くなり、先週末くらいからそれが痛みに変わった。
喉が痛いとそのまま風邪を引くことが多く、今週は体調がよくなかった。
仕事が忙しくなるのは来週だし、やっと有給ももらえたことから、思い切って休んで病院に行くことにした。
今の職場で体調不良で休むのは初めてで、前の職場とはいろいろ違うだろうからと、事前に社会人のマナーみたいなことを調べてから電話で連絡を入れた。
無事に休むことができたので、一安心だった。
その後かかりつけの病院へ行って、いろいろ薬をもらってから帰宅。
点鼻薬というものをもらった。寝る前に使うらしい。
こういうところが花粉症っぽいと勝手に思ってる。

わからないことだらけ

再就職してから9ヶ月目に入ろうとしている。
そろそろ慣れてくることだと思っていたけど、そうでもない。
業界にいまいち興味を持てないためか、わからないことがあって調べてもなかなか頭に入らない。
歳のせいなのか、自分のやる気の問題なのか。両方かもしれない。
それでも一社会人として、何とか現状の仕事を回したい(回っているように見せたい)ので、作業としてだけでも手順を覚えられればと思っているんだけど、なかなかうまく行かない。
今までならできたような簡単なことでも、ミスし始めるようになっている。
自分がこんなにできが悪かったのかと絶望し、自分自身が一番信用できなくなっている。

慣れれば何とかなるのか、そもそも根本から合わないのか、そろそろ結論を出さないといけないかもしれない。

日常へ

箱根2日目。
といっても、午前中の便で帰るのでお土産を買うくらいしかできない。

もう一度河原を歩く。最近雨の日が続いていたけど、晴れててよかった。

画像


帰りはメトロはこねに乗る。
この電車のおかげで、週末の小旅行がはかどる。

画像

冬の箱根

恒例の、箱根湯元へ行ってきた。

午前中は学校で授業に出ていたので、ロマンスカーは新宿から乗ることにした。
小田急でお弁当とビールを買って、車内で食べる。昼からビールに美味しいものというのがしあわせ。

冬の箱根に行くのは初めてかもしれない。
特に何があるとかは調べていなかったけど、河原では河津桜が咲いていた。

画像


午後に宿について、温泉に入って食事をする。
このキンメの煮付けと炊きたてご飯がとても好き。

画像

雪 2019

前日、関東地方に雪が降った。
今日は朝から晴れてはいたけれど、気温があまり上がらず雪が残ったままだった。
朝、河川敷に行ったら芝生が雪に覆われていた。めったに見られない光景だ。

画像


年明けから、週末の朝は30分だけでも走るようにしている。
5年くらい前までは平日夜も走っていたりしたけど、なんだかんだでやらなくなって運動不足へ。
体重も増えて焦りを感じての再開だった。
以前と違うのは、今はとにかく30分だけ、とすること。
本当は毎日もっと長い時間するのがいいに決まってるんだろうけど、今の自分にはそこまでの余裕がない。
できる範囲なら次もやろうと思えるかなと。

運動を続けていても、今のところ体重は減ってはいない。
ただ、体を動かしているせいか、腰痛とか肩こりはそれほど感じなくなってはきたかも。
なんでもいいから、自分が始めたことに報酬があるといいと思うんだけど。

なまはげ

元同期の友人とご飯を食べてきた。
彼女とは私の退職後も1〜2ヶ月に一度くらいは会っている。

今回は秋田料理の店できりたんぽ鍋を食べてきた。
画像


なまはげさんもいた。
画像


もし私の無職期間があれ以上長引いていたらどうなっていたことか、とは思う。
働いていないと外に出るのも憚られるような気持ちになっていたので。
まあ、その後無事?に再就職できたのは、人と会えるようになった点ではよかったのかもしれない。

cocoroboとルックプラス バスタブクレンジング

私が前の会社を辞めたのは、家庭と仕事との両立がどんどん難しくなっていく中での選択だった。
子供がいても仕事と家庭をきっちり両立している人もいるというのに私ときたら、という気もするのだが、人は人、私は私で、本人が辛いと思えばそれはもう辛いんだと思うことにしている。
そんな中、再び働き始めて、習い事も始めた。
やりたいこととやるべきことの両方に押しつぶされて、結局疲弊してしまっては以前の二の舞になる。
ここは何とかして時間的に余裕のある生活を目指したい。

時間を作り出すには、家事にかける時間を減らすこと。
そこで、自分の苦手な掃除の工数を減らすために、2つのものを取り入れた。

1つ目は、おふろの洗剤。

ルックプラス バスタブクレンジング
https://www.lion.co.jp/ja/products/462

これは、バスタブに吹き付けて1分放置後すすげばOKとのこと。
実際に使ってみたけど、時々軽くこすった方がいいかなと思う時があったものの、だいたいそのまますすぐだけで大丈夫だった。
ひとつ難点があるとしたら、以前のお風呂の洗剤と比べて消費量が多いことかな。

2つ目は、ロボット掃除機。

ルンバではなく、ココロボ(RX-V95A-N)。
画像


公式:
http://www.sharp.co.jp/cocorobo/products/rxv95a.html

ずっとココロボが欲しいと思ってた。会話できるし。でも、狭い我が家では活躍することはできないとあきらめていた。
以前より少し安くなってきたようだし、試してみることにした。
当初は自分の外出中に掃除してもらおうと考えていたんだけど、うちはものが多すぎて不在時に動かすのはあきらめた。
平日の帰宅後に、私が夕飯の支度をしている時にココロボには掃除をしてもらう、というスタイルにした。
ココロボは話しながら掃除をするので、何かあってもすぐ対応できるのがいい。
会話しながら家事をする仲間が増えたようで、ちょっと楽しい。

再び

年明けから、以前通っていた学校に再び通い始めた。
働きながら学校に行くのはやっぱり大変で、仕事を辞めた時に行けばよかったのかもしれないけど、無職の時は電車に乗って学校に通うなんて気持ちにはなれなかった。
仕事を見つけて経済的に安定して初めて、やりたいことが出来るのだと実感した。

学校は、試験対策のクラスに入ったんだけど、5年近くブランクがあるためか、なかなか頭に入ってこない。
試験は3月下旬だけど、それまでに勘を取り戻せるかどうか。
それに、5年分年をとっているから、頭も衰えているかもしれない。
とはいえ、単語帳を作ったり問題集を解いたりするのは思ったよりも辛くはない。
今となっては仕事に使うわけでもないし、何のために勉強するのかという気もするけど、定年などなくずっと続けられる趣味にできたらいいと思う。

初日の出 2019

今年は初日の出を見ることができた。

と言っても、健康のためにまた走りたいとかそういう理由ではない。
この日の朝に体重計に乗ったら過去最悪の数値を見たからだ。

画像


私はどうしても運動が好きになれない。
でも、体を動かすことは健康のために必要らしい。
そして、私は食べることと飲むことが大好きで、おそらく体が必要とする以上に趣味だけで食べて飲んでいると思う。
だから、肥満は避けられないというわけ。
とはいうものの、このままでは糖尿病なり循環器系の疾患なりにかかるのは時間の問題なので、残りの人生が少しでもマシなものになるよう、体を動かし飲食を控えることをうまく生活に取り入れたいと思う。
この初日の出もその一環である。

東京大賞典 2018

29日が久しぶりに休みになり、しかも予定もなかったので、10年くらいぶりに大井競馬の東京大賞典を見てきた。
東京大賞典はJRAで有馬記念が終わった後にJRAの馬が出る重賞であるためか、だいたい人が多い。
大井競馬は昔からトゥインクルレースと呼ばれるナイターレースをはじめとして、いろいろな集客施策を講じている印象。来るたびにスタンドも新しくなっているし、それなりに売り上げもあるんだろう。
この日も東京大賞典に合わせていろんなイベントを実施していて、場内の人出は相当なものだった。
4号スタンドのモツ煮丼の食券を買うのに長い行列ができていて驚いた。

それにしても今年は相当の人出だったように思う。後で知ったがこの日の売り上げは地方競馬の記録をぬりかえたとか。
【東京大賞典】売り上げ46億円超え!地方競馬レコード更新
https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/12/30/kiji/20181229s00004049321000c.html

パドックを見ても普段とは違う人出だったと思う。
画像


で、東京大賞典はガッチガチに固い結果に終わった。
下の方の馬券が3着まで的中。残り1頭も4着だったという。

画像

日の出 2018年

前の晩はちょっと寝つけなかったものの、日の出前に起きられた。
冬至直前だと普段の平日よりも遅い時間に起きて間に合うから結構楽だったりする。

今日はお天気下り坂と聞いていたけど、朝のうちはなんとか空が見えた。
今年も無事に日の出を見ることができてよかった。
画像


このあともいつも通りめんたいパークとガルパンギャラリーにまいわい市場へ寄って帰宅した。

最近は新しい場所に行くだけでなく、毎年同じ場所へ行くことが多い。
自分たちが楽しいとか好きだと思うことやものに、定期的に触れたいと思うようになったからかな。
贅沢しているような気持ちになるけど、それだけがんばってきたと思えればいい。
本当は普段からもっともっと楽になりたいって思ってるんだけど、苦労しないとこういう旅行をするのは気が引けるというのが正直なところ。
気分転換になればいいな。

大洗 2018年冬

今年も冬の大洗に来た。
海を見て、あんこう鍋を食べて、翌朝日の出を見る。
振り返ったら、4年前から続けているようだ。
今年は私が仕事を辞めて、その後なんとか再就職して現在に至る。

大洗はもう何度も来ているが、たいてい日帰りである。
冬はあんこう鍋のために泊まりで来ている。

だいたいいつも同じところを見ている。
これはアニメ「ガールズ&パンツァー」で砲弾を浴びたという設定のホテルの壁面。
ホテルが設定通り跡をつけてしまったもの。
画像


すぐ近くにある神磯の鳥居。
以前は鳥居の近くまで行けたんだけど、今年は立ち入らないよう注意書きがしてあった。
実際ここまで行くのは足元が不安でちょっと怖い。
画像


夕飯を遅めの時間にしたので、日暮れまで散歩してきた。
日が沈んだばかりの景色が綺麗だった。
画像

気づけば12月

気づけば12月も初旬が終わっていた。
思えば、去年の今頃は本当にあの会社を辞めるとは思っていなかった。
まあ、退職なんて簡単にできることがわかったのは良かった。

先日受けた整理収納アドバイザーの講習で言われた、どんな暮らしをしたいか、というイメージが自分の中で全然固まらない。
今の仕事についてからは、たぶんもう私にはやりたいことなんてないんだろうなぁとずっと考えている。
やりたいことがないなら、せめてお金くらい稼がないとね、と思いながら毎日過ごしている。

だからなのか、時間の経つのが早く感じる。気づけば12月に入ってもう10日も過ぎていた。
今年は年末年始に予定を入れるのは極力やめるようにした。何だか疲れる。
新しい環境にはまだまだ慣れない。たぶんずっと慣れないんじゃないかな。

職場で夏に受けたストレスチェックの結果が、今日になってやっと届いた。
結果は高ストレス状態で産業医に面談を、と書かれていた。
でもあのストレスチェックって、産業医に面談を申し出た時点で結果が会社に通知されるんだよね。
前の会社でも同じような結果が出たことがあるけど、そういう理由なので面談したことはない。
特に今は新参者なので、余計なことしたくない気持ちでいっぱいだ。
ストレスチェックの結果は産業医以外のところでうまく使えればいいのに、と思う。

小石川後楽園

今年は紅葉を見ようと思い、久しぶりに小石川後楽園へ行ってきた。
緑が多めで、まだちょっと早かったかもしれない。
画像


近づけば色づいているもみじもある。
画像


小石川後楽園の近くには、私が以前通っていた学校がある。
この辺りを歩くと当時のことを思い出して、なんだか懐かしくなった。
久しぶりに通いたくなってきたので、パンフレットをもらってきた。

整理収納アドバイザー

仕事を辞めた時、今までとは違うことに挑戦してみたくて近所のカルチャーセンターの講座を受けようと考えていた。
その中に「整理収納アドバイザー」という講座があり、これから家に篭る生活になるし今までちゃんとやっていなかった家のことをやろう、特に増えすぎた物をちゃんと整理できるようにしようと思い、受講することにした。
ところが、途中で再就職してしまったため私自身に時間や気持ちの余裕がなく、受講できずにいたが、ようやく受けることができた。

受けたのは整理収納アドバイザー2級という講座で、1日座学と演習をして、まとめテストを受ける、という流れ。
私は、この講座では物の捨て方とか整理の仕方といった手段とか技を学べるのかなと思っていたけど、それ以外にもっと理論的・概念的な話もあった。
「片付けること」を目的にするのではなく、「なりたい生活」の過程に片付けがあると考えた方が楽になると言われ、なるほどと思った。思ったけれど、今の私に「なりたい生活」なんて思いつかないので、難しい。
あと、講座ではとにかく捨てることを推奨されるのかなと思っていたけど、全然そんなことはなかった。
というのも、物との関わり方は人それぞれ異なり、他人にはゴミでも本人には違うということもあるので。納得。
実際、整理収納アドバイザーが他人の家を片付けに行くと、まず最初にするのは本人がどのように暮らしているかをヒアリングすることだとか。
断捨離とかミニマリストとかよく聞くけど、みんながそこに寄せる必要はないんだよなぁと実感。

講座は、受講者が私を含め2人しかいなかったこともあり、適宜会話しながら和やかに進んだ。
そういえば、自分が普段どのように家事をしているか他人と話す機会がなかったな。
今までは会社勤めを前面に出して社会と付き合ってきたんだなと実感。
なんだかいろいろ考えるきっかけになった講座だった。

灯油購入

前日夜に実家の父から連絡があったので、母の様子を見に実家に行ってきた。
最近では実家に行くとなると、向こうの食事を作って車で持っていくというのが通例になった。
ほんの1、2年前までは、自分でもいつまで娘気分でいるんだろうと思うくらい実家に甘えていたけど、さすがに今は無理。
親子関係も年齢とともに変わっていくのはわかる。でも気持ちがついていかない時もある。

実家の様子は相変わらずだった。
母が家から出られなくなり、父もあまり外に出なくなっていたようだが、仕事を再開するらしい。
何だかんだで父は老後をそれなりに楽しんでいるように、私には見える。
仕事でもなんでも、ほどよく楽しめる精神力が一番大事なのだと、父と母を見ていると思う。
それには他人ではなく自分軸で自分を評価する強さが必要。
でもそれって意外と大変で、私なら目を閉じ耳を塞ぎたくなることも多々ある。
そうして心を削られて病んでしまったらなかなか元には戻れない。気をつけないと、と思う。

実家からの帰りに、今年初めての灯油を買った。
18Lで1,700円超だった。数年前まで1,200円程度だったと思う。だいぶ値上がりした。

秋から冬にかけては、気分が落ち込みうつっぽくなる人が多くなるというが、何となくわかる気がする。
我が家もファンヒーターを出してきたので、なるべく暖かくして前向きな気持ちで冬を越せれば、と思う。

パイナップルケーキ

仕事が終わったあと、銀座で友達とご飯を食べるはずだったが、急用で中止になった。
イトシアによったら、台湾のパイナップルケーキ屋さんである微熱山丘が出店していたので、思わず買ってしまった。

微熱山丘は何年か前に東京に出店したけど、まだ行ったことはない。
噂では同じパイナップルケーキでも台湾と日本とで味が違うとか。
台湾版と日本版を両方売っているというので、両方買ってみた。

画像


画像


食べてみたら、確かに少し味が違った。
そして、わずかに日本版の方が自分好みだった。
台湾のものも大好きなんだけど。
うまくローカライズしてるってことなのか。